プレミアムウォーターのクーリングオフ徹底解説

 

プレミアムウォーターは、クーリングオフができます。

 

 

 

ただし、クーリングオフをするためには、きちんとした正規の手続きをしなければいけませんし、契約後。

 

 

 

プレミアムウォーターのクーリングオフを適用を受けるためには、申込書面もしくは契約書面のいずれか早い方を受け取った日から8日以内での手続きが必要です!

 

 

 

この記事では、プレミアムウォーターのクーリングオフについて詳しく調べてまとめていますので、今すぐ手続きを進めてください!

 

 

 

下記の【この記事のポイント】をタップして頂くことでお好きなところから読み進めることができます。

 

ぜひ、ご活用ください♪

 

 

プレミアムウォーターのクーリングオフができる場合とできない場合

 

クーリングオフは契約後に

 

 

私が思っていたものと違うわ…


 

といった事態になった時に、消費者を守るために無条件で契約の取り消しができる制度です。

 

しかし、どのような購入方法でもクーリングオフができるわけではないので注意が必要です。

 

クーリングオフができる場合

 

デパートやスーパーの試飲会で契約した場合。

 

 

 

例えばスーパーやデパートで不定期で開催されている試飲会で、呼び止められて契約したとします。

 

 

 

自宅に帰ってから契約書をよく見てみると

 

 

あれ?こんなこと聞いていなかったわ!


 

あれ?私が思っていたのと違うわ!


 

となった際にはクーリングオフの適用となります。

 

クーリングオフができない場合

 

インターネットで契約した場合

 

 

 

インターネットで契約した場合は、通信販売とみなされるのでクーリングオフは適用されません。

 

 

 

インターネットで申込みをする際はクーリングオフができないことを頭に置いて、後から後悔をしないように契約内容をしっかりと確認をするようにして下さい。

 

プレミアムウォーターのクーリングオフを今すぐ行うべき理由

 

クーリングオフは、いつでもできるわけではありません。

 

 

 

 

今は忙しいから今度の休みにしよう


 

と後回しにしてしまうとクーリングオフができなくなる可能性があるんです。

 

 

 

なぜなら、クーリングオフは申込書面、もしくは契約書面のいずれか早い方を受け取った日から8日以内で手続きを行わなければいけないと、手続きができる期間が決まっています。

 

 

 

クーリングオフをするなら直ぐに行動にうつすようにしましょう!

 

プレミアムウォーターのクーリングオフの手順解説

@ハガキを準備して必要事項を記入する

 

葉書に

 

  • 申込日(契約日)
  • 販売店名(取次店名)
  • 販売店住所(取次店住所)
  • 電話番号
  • 商品名

「右記日付の申込みは撤回し、または契約解除します」

 

と記載します。

 

Aハガキに必要事項を記入し、FAXか郵便局で送付する

 

上記を記載した葉書を郵送もしくはFAXにて送付します。

 

 

 

郵送の場合は簡易書留扱いが確実ですのでおすすめします。

 

FAX番号 03-5468-0355

 

記入に不備や不足があるとクーリングオフができなくなる可能性もあるので、クーリングオフをするときは公式サイトで確認をして下さい!
↓↓↓↓
プレミアムウォーターのクーリングオフを公式サイトで確認する

 

クーリングオフの手続きの際の注意点

注意1:期間をすぎるとクーリングオフができなくなる!

 

クーリングオフはいつでもできるわけではありません。

 

 

申込書面もしくは契約書面のいずれか早い方を受け取った日から8日以内と期間が決まっています。

 

なので、

 

 

また暇な日にしよう。


 

と後回しにすることがないようにしましょう。

 

注意2:クーリングオフは書面でする必要がある!

 

販売元やカスタマーセンターへ連絡をすると、クーリングオフではなく解約として処理をされ解約金が発生するというケースもあります。

 

 

 

ですので、クーリングオフは必ず書面で行うようにしましょう!

 

注意3:クーリングオフの葉書を郵送する場合は簡易書留扱いで!

 

郵送で送る場合、送ったのに届いていないという事態も想定できます。

 

 

そうなると、クーリングオフができなくなるので簡易書留で送付することをおすすめします。

 

※簡易書留は「荷物を出した郵便局」「出した時間」「荷物が到着した郵便局」「着いた時間」の記録です。

 

プレミアムウォーターをクーリングオフして、他社の宅配水のウォーターサーバーに乗り換えを検討中の人は要注意!

 

プレミアムウォーターを契約したものの

 

 

思っていたよりも費用がかかる。もしかして他社の方が安く利用できるんじゃない?!


 

と思うことがあるかもしれません。

 

 

 

でも他社の宅配型ウォーターサーバーに乗り換えるのって注意が必要なんです。

 

 

 

分かりやすいように実例をもとに解説します。

 

実例でご紹介!他社宅配水に乗り換えで本当にウォーターサーバーの費用は安くなるの?

 

例えば、プレミアムウォーターより水代が安いA社に乗り換えたとします。

 

 

 

水代は1ボトル(12L)1000円と仮定しますね。

 

 

 

夫婦2人で、子供2人(小学校年生の男の子2人)の4人家族と想定します。

 

 

 

そして、この家族の1ヶ月のウォーターサーバーの水の使用量を、起床後・朝・昼・夜の合計4回お水を飲むとします。

 

○起床後・朝・昼・夜にお水を飲む

 

200ml(1回の飲む量)×4回=800ml
800 ml×4人=3.2リットル

 

1日あたりの水の使用量3.2リットル

 

3.2リットル×30日(1ヶ月)=96リットル

 

1ヶ月に96リットル分をA社で利用すると、8ボトルが必要となります。

 

【プレミアムウォーターの場合】 【A社の場合】 差額

基本プラン:
1960円

15680円 8000円 7680円

PUREMIUM3年パック:
1840円

14720円 8000円 6720円

マムクラブ:
1520円

12160円 8000円 4160円

 

【A社の場合】
1ボトル1000円

 

1000円×8ボトル=8000円

 

【プレミアムウォーターの場合】
基本プラン:1960円
PUREMIUM3年パック:1840円
マムクラブ:1520円

 

1960円×8=15680円
1840円×8=14720円
1520円×8=12160円

 

今回の想定では、プレミアムウォーターより安い他社に乗り換えると上記の様にあ安くなっていますが、水を使えば使うほど費用が高くなるのは一緒なんです。

 

 

 

そして、ここに盲点があります・・・。

 

 

 

どうせなら、

 

子供さんが小学校に持っていく水筒のお水も、
ご主人が会社に持っていくまいボトルも、
お味噌汁にだって、

 

体に入るお水全部に、水道水ではなく安全なお水を利用したいと思いませんか?

 

 

 

もし、上記のようなウォーターサーバーの水の使い方をしたとしたら、いくらプレミアムウォーターに比べてお水が安いウォーターサーバーの水でも高額な料金が必要になります。↓

 

○起床後・朝食・昼食・夕食にお水を飲む

 

200ml(1回の飲む量)×4回=800ml

 

800 ml×4人=3.2リットル

 

○小学生の子供に持たせる水筒

 

3リットル(学校用1リットル、部活用2リットル)×2人=6リットル

 

○ご主人に持たせるマイボトル

 

1リットル

 

○お味噌汁の量

 

4人分だと800ml

 

○ご飯3合をたくと

 

600ml

 

1日あたりの水道使用量11.6リットル

 

11.6リットル×30日(一ヶ月)=348リットル

 

1ヶ月に348リットル分をA社で利用すると29ボトルが必要となります。

 

1000円×29ボトル=29000円

 

 

料金のことを考えて他社のウォーターサーバーに乗り換えるなら水道直結型ウォーターサーバーがおすすめ

 

上記で説明したとおり、宅配型のウォーターサーバーはいくら安いところに乗り換えても水を使えば使うほど費用が高くなるんですよね。

 

 

 

 

ならどうしたら良いの?良い方法はあるの?


 

そんな声が聞こえてきそうですが、大丈夫です^^

 

 

 

実は、水道直結型ウォーターサーバーなら毎月のレンタル費用だけで水が使いたい放題なんです。

 

 

 

水道水を使うので、ジャブジャブ使っちゃえるのです。

 

 

 

水道直結型ウォーターサーバーの中でも『ウォータースタンド』なら、他社からの乗り換えに対して期間限定で乗り換えキャンペーンが適用されます。

 

 

 

なので、もし、クーリングオフが適用できない場合の方でも解約金が安く済むのです!

 

クーリングオフができなくて解約金を支払ってでも、水道直結型ウォーターサーバーはお得

 

水道直結型のウォーターサーバーは、宅配型のウォーターサーバーよりもお得であることは上記で示しました。

 

 

 

では、クーリングオフを利用せずに解約した場合はどうでしょうか。

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーは機種にもよりますが月額4000円ほどです。

 

 

 

プレミアムウォーターを毎月8000円で抑えても、毎月4000円の差が出ますよね。

 

 

 

年間では、48000円も水道直結型のウォーターサーバーの方が安いということになります。

 

 

 

クーリングオフを利用せずに解約金を支払ってでも、水道直結型のウォーターサーバーに切り替えたほうがお得に利用できますよね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回はクーリングオフに焦点をあてて見てきましたがいかがでしたか?

 

 

 

クーリングオフは消費者を守るための制度ですので契約前にクーリングオフ制度のことを知っていることで自分を守ることができます。

 

 

 

プレミアムウォーターでもクーリングオフが使えることを覚えておいて下さいね!

 

 

 

また、定額制の水道直結型のウォーターサーバーもとても魅力的です。宅配型のウォーターサーバーを利用していて

 

 

思っていたよりも費用がかかる


 

と不満をお持ちの方は水道直結型のウォーターサーバーを検討してみて下さい!