プレミアムウォーターの値上げの理由を徹底解説

 

高品質でスタイリッシュなプレミアムウォーター!ちょっとリッチな日常を…と思っている方にはぴったりですよね。

 

 

 

ただ気になるのは値上げです。

 

 

 

プレミアムウォーターだけでなく他のウォーターサーバーでも2017年頃から値上げラッシュがありプレミアムウォーターでも2018年に値上げをしています。

 

 

 

今後も値上げがあるの?

 

 

 

そんな疑問を解決すべく、メーカーに問い合わせてみました。

 

 

 

今後、値上げがあるのか、ないのか。メーカーの回答も記載していますので、最後まで読んでくださいね!

 

 

 

下記の【この記事のポイント】をタップして頂くことでお好きなところから読み進めることができます。

 

ぜひ、ご活用ください♪

 

 

プレミアムウォーターの料金が値上げされる理由

 

プレミアムウォーターは2018年1月10日以降の出荷分より料金の値上げがされました。

 

 

 

料金の値上げはプレミアムウォーターだけの問題ではなく他のウォーターサーバーでも料金の値上げを実施しているのです。

 

 

 

「なんで値上げするの?」

 

 

 

気になったのでメーカーに問い合わせてみました!その結果も、下記のようなことが判明しました。

 

 

 

ウォーターサーバーの料金の値上げには、実は配送業者の値上げが深く関わっているのです。

 

 

 

現在ではAmazonや楽天などネットショッピングが主流となり、配送業者の人手不足が問題となっています。

 

 

 

人手不足を解消するには人件費を確保する。人件費を確保するには送料をあげるしかないのです。

 

 

 

そういった配送業者の影響がプレミアムウォーターをはじめウォーターサーバー業界の料金値上げに繋がっているのです。

 

プレミアムウォーターの料金が値上げされる可能性があるのか直撃取材した結果・・・

 

 

プレミアムウォーターさんでは2018年1月に値上げをされていますが今後も値上げを予定されているのでしょうか?


 

 

以前、値上げの際は契約者の皆様には大変ご迷惑をかけました。現段階では今後の値上げは予定しておりません。


 

 

しばらくは値上げがないということですか?


 

 

値上げは運送業者さんとの兼ね合いもありますので絶対とは言い切れません。現段階では予定していないとしかいえません。


 

という返答でした。

 

 

現段階では値上げは予定はされていませんが、また値上げがある可能性もあるし、値上げがない可能性もあるのでカスタマーコールセンターの方もハッキリ言えないのでしょうね。

 

宅配水ウォーターサーバーも値上げの可能性は?実際に値上げされたのか徹底調査

フレシャス

 

2018年1月1日より

 

FRECIOUS富士(1箱4パック)
1080円/パック→1155円

 

FRECIOUS富士(1箱6パック)
830円/パック→880円

 

コスモウォーター

 

2017年9月1日より

 

1800円/12L→1900円 12L

 

うるのん

 

2017年9月1日より

 

富士の天然水さらり
1759円/本→1898円/本

 

クリクラ

 

水代の値上げはなし。

 

アルピナウォーター

 

2017年9月1日より

 

アルピナ12リットル 948円/本→1050円
アルピア5ガロン 1477円/本→1637円
アルピナ8リットル 686円/本→780円

 

サントリーウォーターサーバー

 

水代の値上げはなし。

 

アクアクララ

 

水代の値上げはなし。

 

配送業者の都合で値上げされにくいウォーターサーバーとは?

 

上記でウォーターサーバーの値上げについて見てきましたが、値上げをしたメーカーと値上げをしていないメーカーの違いって何なんでしょうか?

 

 

 

ウォーターサーバーにはリターナブル式とワンウェイ式の2通りがあります。

 

 

 

ワンウェイ式はボトルの回収が必要でないため宅配業者が配送を行います。

 

 

 

リターナブル式はボトルを返却する必要がありますので自社の社員が配送をしています。

 

 

 

リターナブル式であるクリクラやアクアクララは自社の社員が配送をしているので配送業者の都合で値上げされにくいウォーターサーバーなのです。

 

 

 

自社配送しているメーカーの共通点として天然水ではなく工場で生産したRO水にミネラルを添加した水を利用しているということがあります。

 

まとめ

 

今回は、プレミアムウォーターの値上げを通じて、他社ウォーターサーバーの値上げについても調査してまとめました。

 

 

 

その結果、プレミアムウォーターに限らず、どのメーカーもガソリン代や人件費など、外部要因に大きく左右されやすいということが分かりました。

 

 

 

なので、もし、コスパを重視するのでしたら、サーバーレンタル料のみで定額制でお水使いたい放題の水道直結式ウォーターサーバーの利用を検討してみるのも一つの手ですね^^